Datoramaユーザーインタビューシリーズ:スペインのB2B向け旅行代理店のマーケティング分析担当

 2021.01.28  Marketing Intelligence

今回は、スペイン・マドリードに本社があるB2B企業向け旅行代理店、アマデウス社のインサイト&アナリティクスマネージャー、ステラ・アントノヴァ氏にお話を伺いました。

昨今の不確実な時代において、にあって、マーケティング担当者は正しい方向へと誘ってくれる指針を求めています。その一方で毎日のように増え続ける膨大な量のマーケティング活動から生み出されるデータに圧倒されていることも事実でしょう。成功のために賢い意思決定をするためには、無駄な作業やデータを排除しながら迅速に価値ある情報を見出す必要があります。

そのため分析担当者はかつてないほど重要なポジションとなっています。2018年、eMarketerの調査によると2020年に最も必要なスキルはデータサイエンスや分析であるとしています。ステラ氏のような分析担当は、データを瞬時にアクションプランに変え、企業を激動の時代から成長へと導くことが必要です。

Datorama-Digital-Marketing

このようなマーケティング分析を担当するものにとって、Datoramaは非常に重要な意味を持ちます。今回は、ステラ氏がどのようにDatoramaを活用しているのかをお伺い致します。

 

Datorama-Stella-Antonova

名前:ステラ・アントノヴァ 氏
役職:インサイト&アナリティクスマネージャー
企業名:アマデウス社

Q: ご自身のことを教えてください。

A: こんにちは!アマデウス社でグローバルデジタルマーケティングのインサイト&アナリティクスマネージャーをしています。私は、高度な分析技術と導かれたデータをビジュアルに表現する事に注力し、膨大なデータからインサイトを明らかにすることに情熱を注いでいます。

 

Q:月ごとの担当業務の内訳を教えてください。

A:

  • 30% データ収集と統合 - 正しい方法で測定していることを確認します。これが私たちの「根本」だと考えています。
  • 35% 分析と可視化 - ツールを活用してデータを意味のあるものに変換します。
  • 10% データのストーリーテリング – 意思決定に必要なインサイトを関係者に伝えます。
  • 15% プロジェクトとチームの管理
  • 5% インサイト&アナリティクスチームの将来的な発展のための戦略とビジョンの構築 - 基本的には上司に人員増を求めています。
  • 5% お気に入りのポッドキャスト「The Digital Analytics Power Hour」を聴き、常に新しいことを学び続けています
  • 0% この進路を選んだことを後悔している

Q:あなたの仕事で最も難しいと思うことは何ですか?

A: 私の仕事で最も難しいと感じるのは、プロセスの調整とデータの断片化に対処することです。マーケティングにおけるデータソースの量は指数関数的に増加しています。私たちは、オーディエンスを360度見渡せるように、点と点をつなぐことができるようにする必要があります。アマデウスでは、7つ以上の異なるツールやサービスを使用しています。例えばマーケティングデータベース、CRM、ウェブ解析、有料/オーガニックキャンペーン、メールマーケティング、ウェビナー、イベントなどです。これらのデータに対して適切な統合フローと明確なKPIを持つことは非常に重要です。これらのデータをDatoramaに集約しているのです。Datoramaのマーケティング用に構築されたデータモデルのおかげで、簡単にさまざまなソースを統合・変換してくれるので本当に役立っています。

 

Q: Datorama は、どのようにして「確実な」仕事を実現しているのですか?

A: Datoramaは、マーケティング、営業などの各チームにとって大きな資産となっています。Datoramaのおかげで、関連するすべてのデータソースを接続し、見やすいダッシュボードを構築することができました。これにより全ての関係者がデータに溺れずに強力な洞察を共通認識のもと明らかにできています。ちなみに、全てを手動で行っていたDatorama導入前に比べて、時間を最大70%削減することができました。私たちは次のステップとして、これらのインサイトをさらに自動化するためにEinstein Marketing InsightsやActivation Centerの導入を検討しています。

 

Q: あなたが考え出したソリューションの中で、他の人もきっと気に入ると思うものは何ですか?

A: たくさんありますよ。データの可視化に関しては、カスタムCSSルールを追加することで、Datoramaのグラフのデフォルトの色を変更できることが最近分かったことの一つです。私は色に関してはちょっとしたオタクです。カラーパレット(canva、mycolorspace)+ColorZilla(色をサンプルすることができるブラウザアドオン)、そしてもちろんカスタム CSS グラデーションを作成するための cssgradient.io を閲覧するのに使っているサイトがいくつかあります。これらのカスタムカラーは、レポートが非常に美しくなるだけでなく興味を持たせるのに役立ちます。また、弊社のブランドガイドラインに沿ったものにすることができるので、マーケティングチームがグラフやスニペットをエクスポートしてプレゼンテーションで使用することも容易になりました。

[SMART_CONTENT]

Q: Datoramaはどのようにして、有意義な分析を実現していますか?

A: Datoramaを使うと、ウェブ解析やマーケティングデータのための正確なソースを作成することが可能になります。そして、そのデータをセールスファネルにリンクさせることができます。Datoramaで特に優れていると感じたのは、統一されたデータモデルによってデータを調和させることができることです。時間を節約でき、俊敏な対応が可能になります。私たちは、データのエクスポートしMicrosoft Excel上でデータを加工する時間を減らすことが可能になりました。そのためレポートや分析にかかる時間を大幅に削減することが可能になったためコア業務に集中できるようになったことは非常に大きな貢献と言えます。

 

Q:あなたが将来確信できることは何ですか?

A: 世界は急速に変化しており、データは単なる流行語から、多くの企業の日々の最適化や意思決定の中心的な部分になりつつあります。私が確信していることの一つは、データの考え方やノウハウをマーケティングやセールスチームに近づける必要があるということです。すべてのデータをビジネスユーザーにとって意味があり、実行可能なものに変換するためには、彼らの役割、ニーズ、目標を理解する必要があります。そして、それを実現するには、Datoramaのようなテクノロジーが必要だと思います。

出典: "Be Certain Interview Series: Analytics Manager | Stella Antonova", Datorama.com, (参照 2021-1-28)

CTA

RECENT POST「Datorama導入事例」の最新記事


Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:大手広告代理店 データ分析責任者 マイク・ホランド氏

Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:IBM データインテグリティ責任者 - Gaby de Frutos氏

Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:マーケティング分析担当 Robert Christian氏

Datorama導入事例

ワーナー・ブラザースのマーケティング最適化を支援するDatorama

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:スペインのB2B向け旅行代理店のマーケティング分析担当

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング