Sandbox for Datorama、迅速なマーケティングインテリジェンスを実現する特徴とは?

 2021.01.14  マーケティング インテリジェンス チャンネル

マーケティング担当者は、絶えず進化するマーケティング手法に対応としています。そのため進化する新しいデータソース、データ構成、データの整合性確保、可視化を試すことが成功の鍵となっています。

今回はSandbox for Datoramaの特徴についてご紹介します。

datorama sandbox

Sandbox for Datoramaは、データの更新に対応し、本番前にその影響を理解するために分離された環境を提供します。マーケティング担当者は、他のチームメンバーと協力して、データセットへの変更を安全に展開することで、変化する要求に迅速に対応することができます。また、変更がうまくいかない場合、管理者は簡単に元の設定に戻すことができます。

サンドボックスを使用する際の課題は、本番環境とサンドボックス間のデータ同期にあります。ある環境から別の環境に手動でデータをコピーすると、テストに使用するデータセットが無関係だったり、古いデータセットになってしまうことがよくあります。Datoramaのサンドボックスは、従来の課題を解消し、すべてのマーケティング担当者にメリットを提供します。

Sandbox for Datoramaの特徴

1. 常に同期

Datoramaのサンドボックスは、常に本番環境と同期しているため、最新のデータを入手して、マーケティング戦略に迅速に対応することができます。さらに、サンドボックス内の情報は本番環境のデータを直接反映しているため、データの不一致を心配する必要はありません。

DATORAMAでMARKETING CLOUDのアナリティクスを向上させるためのガイド
事例紹介:DatoramaがIBMの大規模なパフォーマンスの最適化を実現

2. 手動でのセットアップが不要

従来は、管理者が手作業でデータをコピーして別々のサンドボックス環境をセットアップする必要がありました。ある環境から別の環境へデータをコピーし、構成全体をコピーするのは、時間のかかるプロセスです。Datoramaのサンドボックスを有効にすると、サンドボックスと本番環境が同じプラットフォーム上で動作するため、すぐに使用することができます。

3. デプロイする変更を制御

DatoramaのSandboxと本番環境を連携させることで、単一のエンティティに変更を実装したり、何千ものエンティティに変更を適用したりすることができます。これにより、テストや学習に対する正確なアプローチが可能になり、運用リスクを低減することができます。

 

常に変化し続ける環境において、戦略的な意思決定に必要な信頼されるデータを共有するツールが必要不可欠です。DatoramaのSandboxは、これを簡単に実現し、チームが成功のために的確なデータ分析を実施してマーケティング活動を最適化することを可能にします。

Sandbox for Datoramaの詳細については、datorama.comでデモを予約してください。

すべてのマーケティングチームが専用のSandbox環境を必要とする理由については、ブログシリーズのパート1をご覧ください。

出典: "Sandbox for Datorama: Total Agility to Evolve your Marketing Intelligence", Datorama.com, (参照 2021-1-14)

DATORAMAでMARKETING CLOUDのアナリティクスを向上させるためのガイド

RECENT POST「Datorama」の最新記事


Sandbox for Datorama、迅速なマーケティングインテリジェンスを実現する特徴とは?
統合的マーケティング・アナリティクス戦略に 必要な7つのステップ

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング