製造業のマーケティング担当者がビジネス企画において機動力や効率性を高める方法

 2020.07.15  マーケティング インテリジェンス チャンネル

製造業は、最新製品の開発や技術によって特徴づけられるとともにB2BやB2C、B2B2Cなどのビジネスモデルで日々のビジネスを実践しています。

製造業という複雑かつ物理的な経営を伴う資本集約産業において、メーカーは顧客の要求を満たし、自社ビジネスのROIを高めるために、業績を正確に予測し、計画をたてながらビジネスを推進する必要があります。

あらゆる産業と同じく、製造業もCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックの影響を強く受けており、多くの工場が閉鎖されたり、生産が制限されたりしています。下半期に入った現在、企業は変更の計画に合わせて職場を刷新したり、供給や人材のチャネルを拡大するなどして、回復と成功を目指しています。製造業のマーケターにとっては、新たなメッセージや戦略、購買行動、それに進展し続けるメディア環境に取り組む中で機動性が鍵となります。そのような中で、マーケティングリソースや予算についてもできる限り効率を上げなくてはなりません。

how-manufacturing-marketers-can-stay-agile-and-efficient-in-planning-for-business-growth

新たな方策の試行とイノベーション

製造業においては、変化する顧客や市場の要求が業績に大きく影響することがあります。チャネルやマーケティングのマネージメントにおける予期せぬ変化を考えると、製造業のマーケターはこれまで以上に現代的な感覚を持ち、新たなアプローチを試す準備を整える必要があります。

金融サービスのマーケティングに影響を及ぼす3つの課題
マーケティングインテリジェンスを統合する、トラベルテクノロジーのグローバルカンパニー

例えば、マーケターはもはやイベントマーケティング(展示会や対面セミナー)に重点を置くことはできず、増大するオンラインやデジタル、仮想のマーケティングおよびコミュニケーション手法へと軸足を移していかなくてはならなくなりました。これらの方策の理解や成功の測定は、ビジネスの成功に欠かせません。COVID-19により、65%のマーケターが中程度もしくは大幅に予算を削減される中、マーケターは限られた資源でより多くのことを成し遂げる必要があり、予算を1円単位まで最大限活用しなくてはなりません。

サイロ化した部署や市場セグメント、製品カテゴリーなどを統合

メーカーにはしばしば多様な製品ラインナップがあり、多くの企業が、COVID-19の影響の埋め合わせとして自社のビジネスポートフォリオの範囲内で製品以外にも手を広げていく(デジタルでの提供やアフターマーケットサービス)と考えられます。さらに、製造業のマーケティングチームは他のチームから孤立してサイロ的に活動していることが多く、分析プロセスを単純化したり、ベストプラクティスや業績の知見を共有したりするための単一の情報源がないままに複数の市場や地域でデータを管理しています。特に、企業がリモートの労働環境に対応し、ビジネス戦略を繰り返し適用している中で、マーケターが複数の利害関係者と協力し、目標に向かって足並みを揃えるのが今ほど重要な時はありません。

単一の記録システムにより競争性を維持し、市場ボラティリティに対応

メーカーが新常態の次なる段階のための準備を進め、しかるべき成長戦略を整えるべく努力する中で、マーケターはデータや測定の確固たる基盤を伴って先導役を務めることができます。

すべてのマーケティングデータを記録する統合システムと連携することで、マーケターは複数の事業部や市場セグメント、製品ラインなどについて、完全な透明性を確保した状態でデータをつなぎ、統合することができます。それにより、マーケターは自ら試しているすべてのマーケティングキャンペーンや新たな方策、メッセージの影響やROIを測定することができます。

知見がすぐに得られるため、マーケターはキャンペーンを臨機応変に変更し、最も効果のあるメッセージやキャンペーン、チャネルに予算を再配分することができます。自動化されたレポーティングや視覚化機能のおかげで、マーケターは業績を共有したり、主な利害関係者と協力したりすることもでき、全員が同じファクトにつながり、共有された目標に向かって(変化する市場トレンドに基づいてそれらの目標が進展した場合でも)行動することが可能となります。

Datoramaは、手作業のデータプロセスに費やす時間であろうと、マーケティング予算全体の効率向上であろうと、マーケターが優れた効率を見出すのに役立つマーケティング インテリジェンス ソリューションを提供しています。使える時間が増えれば、マーケターは、顧客に新たな現実を説明するための優れた方法をテストし、学習し、見出すために自身のリソースを割くことが可能となります。

製造業の先駆者的存在であるカミンズ社の話を聞き、常時稼働のマーケティング分析とともに、世界的なデジタル戦略を推進するためにどうDatoramaを活用したのかを学びましょう。Datoramaを導入した結果、同社は代理店パートナーからのデータセットを取り込みながら、広告チャネルとオーガニックチャネル全体で複数のデータソースを調和させることができました。

 

出典: "How Manufacturing Marketers Can Stay Agile and Efficient in Planning for Business Growth",Datorama.com, (参照 2020-07-06)

マーケティングインテリジェンスレポート

RECENT POST「マーケティング分析」の最新記事


製造業のマーケティング担当者がビジネス企画において機動力や効率性を高める方法
統合的マーケティング・アナリティクス戦略に 必要な7つのステップ

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング