広告代理店がマーケティング インテリジェンスを用いて顧客をナビゲートする方法

 2020.05.20  Marketing Intelligence

このような不確実な時代には、マーケティングの意思決定と戦略に自信を持てることが必須です。マーケティング代理店は時代に適合するリーダーとなって、これまで以上に高い透明性と深い知見をクライアントに提供することを目指す必要があります。

Datoramaは世界中の400社以上の広告代理店と協力して、マーケティング インテリジェンス ソリューションを通じて、データに基づく意思決定とビジネスインパクトを実現します。最近、英国を拠点とする代理店2社のマーケティングリーダーと討論会を開催し、the7starsのインサイト&アナリティクス部門の責任者であるHelen Rose氏とCroudのプランニング&インサイト部門のディレクターであるKevin Joyner氏を迎え、変化する状況下でクライアントにおける信頼の構築や専門的知識の評価のためにデータをどのように活用しているかを話し合いました。

以下に学んだことを紹介します。

how-the-7stars-and-croud-are-using-marketing-intelligence-to-navigate-with-confidence

意思決定プロセスで迅速性と自信を支えるデータ

環境の変化に応じて、顧客の期待が変化し、ビジネスが作り変えられるなか、代理店は戦略を適応させて、可能なすべての方法で顧客をサポートします。

代理店は手元にある膨大な量のデータを利用して、この時代において自信を持ってナビゲートし、クライアントがこの危機を乗り切り、新たな目標を達成できるよう支援します。

金融サービスのマーケティングに影響を及ぼす3つの課題
マーケティングインテリジェンスレポート

現在、それ1つでどんな場合にも通用するアドバイスや戦略は存在しません。1つわかっていることは、自信と迅速性、共感を通してよいパートナーになれるということです。データもこれを裏付けています。不安定な時代には、理解と意思決定を支える証拠に頼る必要があります。
Helen Rose、the7starsのインサイト&アナリティクス部門責任者

重要なのは創造的に考え、クライアントにできるだけ多くの関連データを提供して、彼らが時代の変化にビジネスを適応させられるように支援することです。例えば、Croudは、クライアントの1つである退役軍人団体のRoyal British Legion(RBL)が、年間のライブイベントの全部を仮想イベントに転換する支援をしました。RBLの事業がCOVID-19の深刻な影響を受けたため、Croudは、彼らが新しいマーケティング戦略のインパクトと効果を理解し、継続的な成功に向けて準備するために必要なデータを提供して、RBLに自信を与えました。

長期的な目標と短期的な目標のバランスがとりやすくなる単一の記録システム

短・長期的な目標を設定する際には、広告、Eメール、ウェブ、セールスその他のソースにわたる統一されたデータを基盤として、すべてのマーケティング活動の中で何が成功していて、何が成功していないのかを完全に把握します。各マーケターは平均して、13種類のマーケティング プラットフォームを利用し、それぞれが数多くのデータソースに依存しており、ほとんどの企業は数10のチームを抱えています。これが大きな問題になっています。

異種のマーケティングデータをすべて結合・統合する記録システムにより、企業は顧客エンゲージメントをより深く理解し、無駄な支出を再配分し、予算の効率性と効果を管理し、短期的な目標を達成しつつ、将来に向けて計画を立てられます。

現在、企業は不安を抱えつつ、一定のビジネスプロジェクトを再開して、キャンペーンにGoサインを出すのに最適な時期を決定しようとしており、それが到来したときに成功するためには、マーケティング測定の堅固な基盤とデータを備えている必要があります。

例えば、COVID-19の危機が収束すると、世界中の顧客が「リベンジ支出」、つまり失われた時間を取り戻すために熱心に購入すると予測されています。代理店は基礎データを利用して、一定のマーケティング活動を再開する適切な時期だけでなく、将来の需要の急増に備えてどのように計画すべきかを理解できるようにクライアントを支援します。

広告活動を続けるなら、現在の広告方法を考えるべきです。多くのクライアントが予算を削っています。私たちは皆どのように戦略的に活動するかを考える必要があり、それによって回復し、これまで以上の成長を達成することができます。予算を削ればお金が貯まるので、経済が回復したときに実際に対応できます。

 

Kevin Joyner、Croudのプランニング&インサイト部門ディレクター

 

将来に向けて強力な顧客関係を築くために必要なのは、現在、正しく行動すること

顧客はブランドや企業がこの危機の間にどのように対応したかを記憶するので、共感や信頼を体現し、人々を助けた企業が最終的に成功するでしょう。

正しいメッセージを発信することが不可欠です。現在のメッセージやコンテンツを修正してその時の状況を反映するか、あるいは完全に変更して別の目的を果たし、より好ましい形で顧客に影響を与えられるようにするかのいずれかの方法を取ります。顧客との信頼関係を築くためには、マーケターは正統性を優先し、自己のブランド価値に忠実であり続ける必要があります。その過程で、データを使ってエンゲージメントと受容を把握することは必須です。これにより、マーケターは正しく的に当て、顧客ベース全体に長期的な信頼と忠誠心を植え付けることができます。

未来の『新しい日常』がどうなるかわからないからこそ、顧客に寄り添うべきです。消費者の視点から見ると、ナビゲートしなければならない要素はたくさんありますが、ブランドがそれに成功する唯一の方法は、今、顧客の声に耳を傾け、信頼を維持し、将来に向けて関係を築くことです。
Helen Rose、the7starsのインサイト&アナリティクス部門責任者

組織が迅速性と安定性を獲得するうえでデータがどのように役立つかについての詳細は、当社代理店の討論会(マーケティング インテリジェンスを用いて、不確実な時代にあって確実なものを見つける。)をご覧ください。

 

出典: How the7stars and Croud are using Marketing Intelligence to Navigate with Confidence,Datorama.com,(参照 2020-05-018)

統合的マーケティング・アナリティクス戦略に必要な7つのステップ

RECENT POST「マーケティング分析」の最新記事


広告代理店がマーケティング インテリジェンスを用いて顧客をナビゲートする方法
統合的マーケティング・アナリティクス戦略に 必要な7つのステップ

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング