GoogleトレンドのデータをリアルタイムでDatoramaダッシュボードに統合する方法

 2020.08.14  マーケティング インテリジェンス チャンネル

健康問題と社会的不正への関心が高まっている今、顧客が求めている情報に基づいてブランド/製品/サービスについて語り、強調するために、関連する検索トレンドを理解することはこれまでになく重要です。市場心理以上に重要で広範囲に及ぶ点として、トレンドは地理的知見、関連キーワード、トップの検索クエリ、急上昇中の検索クエリ、競合トピックなどの情報を提供してくれます。

メディアホールディング関連の大企業でSEOアナリストとして働いていた時、チームが開発したレポートで最も評価が高かったものの1つに、あるEコマースクライアントのためのレポートがありました。それはその顧客の特定のブランドに関連したGoogle検索のトレンドを分析したレポートでした。当時はSEO/SEMに取り組む新しい視点でしたが、現在では、既存および潜在顧客心理を十分理解するため、ブランドおよび/または製品に関連する検索クエリを分析することは必須事項となっています。

Google検索エンジンから企業のウェブサイトへのトラフィックは主にどんな種類の検索ワードからなのか、そしてさらに重要な点として、どんなキーワードによるトラフィックを「逃しているか」を知るため、オーガニック検索および有料検索のワード分析は非常に重要です。これは順番に、企業の対象者分類戦略に関わるプログラム的、またデジタルな検索ワードについて、文章、ビジュアル、そしてトーンといった特定のクリエイティブな意思決定についてまでも教えてくれます。ある特定の状況下、特にブラックフライデー、ハロウィーン、クリスマスといった大規模消費イベントの時期などには、SEOの意思決定はGoogleトレンドレポートに大きく依存します。

情報を可視化するDatoramaダッシュボードにより顧客心理を理解し、利益を得ることと無関係な企業はありません。Publicis Mediaでは、あらゆる機会にこの使用事例を発展させ、顧客に大いに満足していただいています。

どんなブランドについての、あるいは一般的な知見であれ、ダッシュボードに「リアルタイムで」取り込み、競争力を高めるため、次のステップを実行してください。

注:リアルタイムでクエリを実行するため、トレンドウィジェットの読み込みは通常より数秒長くかかることがありますが、待つ価値はあります。

 

1.trends.google.comにアクセスする。

2.地域を選択する。

Datoramaダッシュボード

3.検索ワードを入力する。

Datoramaダッシュボード-2

導入事例:株式会社デジタルアイデンティティ
統合的マーケティング・アナリティクス戦略に必要な7つのステップ

4.期間および/または比較検索ワードを選ぶ。

Datoramaダッシュボード-3

5.<>をクリックしてJavaスクリプトコードを入手する(すべてのウィジェットに適用)。

Datoramaダッシュボード-4

6.コードをコピーし、ノートバッドか付箋アプリに貼り付ける。

Datoramaダッシュボード-5

7.ダッシュボードを開く。

8.カスタムウィジェットを追加する。

9.ウィジェットを編集する。

10.ダウンロードの矢印をクリックする。

11.スクリプトの下にソースを追加し、チェックマークをクリックして確認する。ノートパッドでソースを参照する。httpsで開始し、.jsで終える。

Datoramaダッシュボード-6

12.JSスクリプトボックスで「trends.embed」で始まるコードを、</script>の前まですべて貼り付ける。

Datoramaダッシュボード-7

13.設定を適用する。

Datoramaダッシュボード-8

完了です。

 

「リアルタイムで」動作するGoogleトレンドウィジェットの完成です。Googleトレンドと同様、地域、都市、トップ、急上昇などでウィジェットをソートできます。 

以下はいくつかの重要な使用事例です。

  • COVID-19やBlack Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)運動のトレンドといった重要なトピックに対する顧客の反応をもっと知りたい場合。
  • オファーに対する人々の反応を知りたい場合。関心は高まっているか。
  • 最も影響を受けているのはどの地域か。
  • ページのメタタグを変更したい場合。著作権記述が反映されているか。
  • 新製品/サービスを発表する場合。需要をいくらか事前調査しても損はしません。
  • ウイルスキャンペーン/広告。
  • SEOおよびSEMチームのための創造的なキーワード構築。
  • 企業の社会的責任への要求とタイミング。

他にもいくらでも挙げられますが、これらはまず考慮できる使用事例です。運用に慣れたら、自分自身のメディアやキャンペーンダッシュボードのトレンドを取り込み、ビジネスと消費者の両方をより良く理解することができます。

マーケターがGoogleトレンドのデータをDatoramaに取り込む方法と、Datoramaで競争力を高める方法についてのさらなるヒントとコツについては、こちらのウェビナーをご覧ください。

出典: "How to Incorporate Google Trends Data into your Datorama Dashboard in Real-Time", Datorama.com, (参照 2020-08-12)

[PDCA]導入事例:ネスレ日本株式会社

RECENT POST「マーケティング分析」の最新記事


GoogleトレンドのデータをリアルタイムでDatoramaダッシュボードに統合する方法
統合的マーケティング・アナリティクス戦略に 必要な7つのステップ

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング