Datoramaユーザーインタビューシリーズ:大手広告代理店 データ分析責任者 マイク・ホランド氏

 2021.01.15  Marketing Intelligence

マーケティングに精通するリーダーたちにDatorama がどのように役立っているのかをインタビュー形式にてご紹介いたします。

今回のインタビューは、オーストラリア・シドニーにある大手広告代理店 オムニコム・メディア・グループのファシリテーター部門ビジネスインテリジェンス責任者であるマーク・ホランド氏にお話を伺いました。

大規模な広告代理店であるオムニコムは、Datoramaを活用しています。一般的に大規模なチームで編成される組織において膨大なデータセットをもとに最適な提案をすることは容易ではありません。特に、メンバーが分散化している状態においては困難さが増します。代理店として広告主に対して責任感を持ち対応する必要があります。成功するためには多くの障害を取り除き効率的かつ抜本的に課題を克服しなければなりません。

最近のDatorama APAC Marketing Intelligence Reportにおいて、メディアエグゼクティブを特に悩ませる課題を取り上げています。回答者は、データの正確性、データ分析の共有とコラボレーション(マーケティング担当者の37%が課題に直面)、マーケティング投資をビジネス成果に結びつけること(マーケティング担当者の35%が課題に直面)を、主な課題としています。

Datoramaのようなマーケティングのデータを一箇所で管理するソリューションがあれば、これらの課題を克服することができます。このソリューションは、構造とベストプラクティスを強制することで、レポートの正確性と信頼性を担保します。そのため不確実な時代においても、チームは成長と拡大に集中し続けることができます。

以下では、Datoramaを使用して成功したマーク氏の経験をご紹介します。

名前 マーク・ホランド氏
役職:データ分析責任者
企業名:オムニコムメディアグループ

Mark-Holland-2019-768x714

マーク・ホランド氏|オムニコムメディアグループ データ分析責任者

Q: あなた自身について教えてください:

A: 私の名前はマークです。OMG Australiaでビジネスインテリジェンスの責任者をしています。私はオーストラリアに移る前はスコットランドでサーカスのコーチをしていました。

 

Q:1ヶ月間の仕事の内訳を教えてください。

A:

  • 50%:レポーティングシステムの構築と立ち上げ
  • 20%:既存のレポーティングシステムの再開発と改良
  • 15%:レポーティングシステムに関するミーティング
  • 10%:レポーティングを提示
  • 5%:データビジュアライゼーションに関するウェビナーやブログを読む

Q:あなたの仕事で一番大変だと思うことは何ですか?

A: 私の仕事は厳しいというよりはやりがいがあると思います。自分がやっていることを楽しんでいて、組織から評価されていると感じているからです。ですから、私の仕事で一番難しいと思うのは、期待値を管理することです。スコープの間違いやミスコミュニケーションによって目的である「データを使って人々がより効果的かつ効率的に自分の役割を果たせるようにする」ということを見失ってしまう可能性があります。データを扱うのは簡単なことですが、人を扱うのは難しいところです。

また、技術的な概念について、お客様が理解できるような言葉で知識と自信を与えられるように伝えることも難しいことです。また、Excelなどの従来のフォーマットから離れて、データの可視化とその重要性を探求することに自信を持ってもらう必要があります。

Q: Datoramaは、あなたの仕事に役立っていますか?

A: 多くの点で役立っています。Datoramaがすべての作業を行ってくれます。私たちはよく、広告主が目にすることのない作業の大部分(約80%)を占める「データの氷山」の話をします。Datoramaは、この負担の多くを引き受けます。すべてのAPI、データの保存と更新の管理、その上に構築する強固なフレームワークのマッピング、データの分類や統合などです。Datoramaは非常に賢く動作しており、必要なインサイトを得ることに集中できるようになりました。

Q: あなたが考え出したソリューションで、他の人がきっと気に入ると思うものは何ですか?

A: Datoramaはテーマの設定が可能です。しかし、ブランドに応じて動的に変更できる関連ロゴが必要な場合はどうでしょうか?私たちは、代理店のロゴのリストを持つ計算されたディメンションを作成しました。次に、動的に別の計算されたディメンションのフィールドに応じて1つのロゴを表示するために動作するカスタムウィジェットを設定します。また、同じ計算されたディメンションに応じてメインのブランドカラーに動的に変更するために、すべてのカスタムウィジェットのテキストを設定しました - URLやJS/CSSのHEXコードをスワップアウトする必要はありません - 多くの場合、人々を興奮させる小さなことです。

Q: あなたは、世界最大級のエージェンシーグループのビジネスインテリジェンスの責任者です。Datoramaは、あなたが作成したソリューションが大規模な組織全体で効果的に拡張できるように、どのように支援していますか?

A: テンプレート、テンプレート、テンプレートです。データストリームとマッピング、ダッシュボードページ、測定値、カスタム日付範囲、ページテーマなど、すべてのテンプレートを用意しています。

Datoramaを主に使用して、航空会社から政府機関、スナック菓子メーカーまで、さまざまな産業で働くクライアント全体で使用できる標準化されたレポート構造を作成しています。私たちは、必要とされる可能性のあるものの85%をカバーするアプローチを定義しました。私たちは、1つの真実のソースを提供するために統合されたデータソースを持っています。焦点はクライアントによって変わるかもしれませんが、同じ本質的な指標が全体に適用されます。また、クライアントごとに1つのワークスペースを割り当て、管理しやすいスペースにすべてを収めるようにしています。

[SMART_CONTENT]

Q: Datoramaは、組織内のすべてのチームとプラクティスが一致していることを確認するために、どのように役立ちますか?

A: 繰り返しになりますが、お客様が目にすることのない作業が存在しています。標準APIとマッピングフレームワークは、多くの作業を代行してくれるので、強固な基盤を築くことができます。

Q: Datoramaは、エンドユーザがOMGに期待するクラス最高のエクスペリエンスを確実に提供するためにどのように役立っていますか?

A: BI分野は非常に競争が激しい分野です。それぞれの製品には長所と短所がありますが、Datoramaは競争に勝つために非常に良い機能を提供してくれています。Datoramaを導入することで、お客様へのサービスを強化することができます。また、当社が幅広いスキルと視点を持ち、お客様の目的に柔軟に対応できることがわかります。1つのツールですべての仕事をこなすのではなく、その仕事に適したツールを持つことが重要なのです。

 

出典: "Introducing the Be Certain Interview Series: Media Executive | Mark Holland", Datorama.com, (参照 2021-1-14)

CTA

RECENT POST「Datorama導入事例」の最新記事


Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:スキンケアブランドPeter Thomas Rothのマーケティングマネージャー編

Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:マーケティング分析担当 Robert Christian氏

Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:スペインのB2B向け旅行代理店のマーケティング分析担当

Datorama導入事例

ドミノピザのイノベーションはトッピングではなくテクノロジーから始まる | Datorama導入事例

Datoramaユーザーインタビューシリーズ:大手広告代理店 データ分析責任者 マイク・ホランド氏

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング