DMPを活用するブランドと広告主のための7つの指標(KPI)

 2020.01.22  Marketing Intelligence

ブランドチームと広告主は、データマネージメントプラットフォーム(DMP)を使用してオーディエンスデータを収集し、顧客セグメントを作成します。そして、顧客セグメントに対して、オーダーメードの広告メッセージとオファーを使ってターゲットにします。マーケターは、DMPのオーディエンスデータとリアルタイムのパフォーマンスデータを組み合わせて、キャンペーンと広告コストの効果を向上できます。

以下の7つのKPIは、マーケターがオーディエンスのターゲティング、キャンペーン、コストの健全性を測定するために有効です。

top-7-kpis-for-brands-and-advertisers

DMPを活用するマーケティングのためのKPI

ROAS

広告コスト回収率(ROAS)は、広告コストの有効性を測定するため使用されます。ROASは本質的に、広告に使う金額単価毎に生じる収益の大きさを測定します。この値は、特定のマーケティングチャネルにより発生した収益を、そのチャネルへのメディア投資コストで割ったものです。このKPIは、投資の健全性を記録する簡単にすぐできる方法であるため重要です。

リーチ

リーチは、広告メッセージと接触しているユーザー数を測定します。このKPIによって、オーディエンスマーケターは潜在的なオーディエンスプールの規模がわかります。

[Blog][Middle]導入事例:C Channel 株式会社
導入事例:KDDI株式会社

フリークエンシー

このKPIは、ユーザーが広告メッセージと接触しているユニークな回数です。フリークエンシーは、コンバージョンとコストの効率の観点からは、適切なミックスを決定する上で重要な数値指標です。フリークエンシーが高すぎる場合、オーディエンスセグメントは、不必要に冗長な広告メッセージを受け取っている可能性があります。この結果、コンバージョンレートに悪影響を与える可能性があります。フリークエンシーが低すぎる場合、オーディエンスはコンバージョンの動機付けになるほどには広告メッセージと接触していない可能性があります。フリークエンシーの数値指標をパフォーマンスの数値指標に連携させれば、マーケターは適切にバランスを決定しやすくなります。

CPA

獲得あたりのコスト(CPA)は、新規顧客を獲得するための全てのメディアコストを測定します。CPAは本質的にROASと似ていますが、CPAはユーザが所定のアクションを完了するのに関連するコストすべてを捉えているので、このKPIは式のコスト側を決定します。

vCPM

vCPMは、ビューアブルインプレッション1,000回あたりのコストを測定します。vCPMは、CPMとは違ってユーザーに広告が表示された回数ではなく、ユーザーに広告が実際に何回閲覧されたかを測定します。マーケターは、この数値指標を使って、オーディエンスにより閲覧される広告メッセージに対して支払っている実際のコストを決定できます。

ビューアビリティレート

このKPIは、ユーザーにより閲覧された広告の比率を測定します。ビューアブルインプレッションはROASに直接影響し、広告コストの効果を高めるのに有効であるため、このKPIは、ビューアブルインプレッションを最適化する場合に有効です。

コンバージョンレート

 コンバージョンレートは、コンバージョン数を全訪問者数で割った値です。コンバージョンは、ユーザーに期待する所定のアクションであれば何でもかまいません。例えば、ホワイトペーパーのダウンロード、ニュースレターの購読、購入などです。

 

DMPから最大の価値を得るには、マーケターは、SalesforceDatoramaなどのマーケティングインテリジェンスおよび分析プラットフォームを使用して、オーディエンス、広告コスト、キャンペーン、売上データを組み合せます。このような連携により、マーケターはすべてのマーケティング施策とコンバージョンメトリックスを、ダッシュボード、インサイト、レポート、ゴール、アラート全体で、リアルタイムデータと全て連携できます。この結果、広告コストを最大限に活用できます。詳細については、最新ブログ「DMPオーディエンスマーケターのためのダッシュボード トップ3」をご覧ください。また、datorama.comでデモを予定しましょう。

導入事例:ダイキン工業株式会社

RECENT POST「DMP」の最新記事


DMPを活用するブランドと広告主のための7つの指標(KPI)
統合的マーケティング・アナリティクス戦略に 必要な7つのステップ

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み

RANKING人気記事ランキング