導入事例:株式会社オムニバス

レポート作成時間が週100時間から0時間へオムニバスが描く広告代理店の働き方改革と未来

データ分析を武器に広告主の企業成長に貢献できる価値創造を目指す

導入事例:株式会社オムニバス

デジタル広告専業広告代理店である株式会社オムニバスでは、東京と宮崎県日南市の2拠点で運用型広告の運用をしている。日南1拠点で週100時間以上がレポート作成に費やされるなど、レポート作成業務が重い負荷となっていた。そこでDatorama(デートラマ)を導入し、作成業務省力化による働き方改革と代理店としてのより一層の価値創造を目指した。

その結果レポート作成時間がほぼ0時間となり、施策の改善や提案により時間を使うことができるようになった。その導入から今後の展望について、同社の矢野茂樹代表取締役COO※とプランニング&トレーディング Div.※の工藤義弘氏にお話を伺った。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード